Garden Schop

宿根草の庭から…

小さな花壇が完成 & ゲートを作ろう

16

 花壇






去年の末のお休みに 小さな花壇を作りました
相変わらずの ガチガチ粘土を取り除くのが 一苦労

どこを掘っても 砂利が出できて
その下は粘土です

粘土を取り除くと やっと砂質土
そこまで掘り進めました





 花壇




50cmぐらい掘り下げて
周りはブロックを 1段積んで嵩上げしました
水はけも ずいぶん良くなるでしょう




花壇



ブロックの上に アンティークレンガ
レンガは炉に使われていた 耐火用のものです


そして 堆肥もたっぷりいれて 用土づくり
フカフカ~~ でしょ~




花壇


植え込んだのは 南に面してる花壇なので 
寒さに弱そうなものを 植えました
フロミス イタリカ 、ギンバイカ フロリダ系のクレマなど …
でも もちろんバラがメインの花壇です(^^ゞ

引きの画像は まだ内緒…
だって 大工道具やら何やら置いていて 作業場なのよ
いずれは囲って 作業小屋にするつもりなんです
写真の右の所が 小屋の壁が建つ予定の場所で
これは小屋を囲むバラの花壇というスペースなのです





ブラン・ピエール ド ロンサール

よく目立つ場所なので 王道を行くバラ
ブラン ピエール ロンサール を植えました 

  ブラン・ピエール ド ロンサール

これなら丈夫でよく咲く 間違いなさそうです 
万人に好かれるしね~~ 


門柱



途中に入れた鉄筋
枠で囲って コンクリートを流しこんでます
これは 何かというと… 




門柱

つまり、ゲートの門柱でした

塀から続くゲートです
ドアは まだ未完成 出来たら またUPしますね

ブラン・ピエール ド ロンサール

ブラン・ピエール ド ロンサール

16 Comments

クロはち says...""
おはようございます。
いろいろDIYされてたんですね。
ゲートも扉ができたら グンと庭らしくなりますね。たのしみ~
ブラン・ピエールちゃん華やかに咲き誇るでしょうね!
2013.02.14 06:31 | URL | #- [edit]
グリーンサム says...""
はぁ~、目からうろこ
やはり元気に育てようと思ったら、ここまでしなければならないんですよね
と改めて思いました。

7年前に庭を手にいれた時うれしさのあまり
耕すことなく次から次にバラや宿根草を植え込みました
★になったのは寒さのせいだけでなかったようです、、、

土づくりの大切さを改めて思い知りました
しかしポンさんは、あせらずじっくり長期構想で庭全体を眺められる、
女性には珍しいタイプとお見受けいたします。

見習いたいです d(^・ェ・^)b
2013.02.14 08:44 | URL | #.iALzzPE [edit]
smoketree says...""
ぽんさん、こんにちは
DIY,順調に進んでいますね
白いフェンスに続く同じく白いゲート、素敵です!
丁寧に作業されていますね
まるで、専門家のような仕事ぶりですわぁ
土台というか、構造物は基礎が大切です~今1番頭を悩ますのが
このことなんです・・・・
わが庭の柵やゲートが約8年目ぐらいで
やり直す時期にきています
山の中という条件で傷むのが早い(涙
夫ともう今度は、半永久的(ありえるかなぁ?)にもつようなものにしたいと
でも、見栄えが悪いのも悲しいと悩んでいます
バラも今あるものが老木になってきて新しいものに変えようと思っています
サイクルが早い。。。。
いくら好きでよく咲くバラもいつかはと思いますが、また新しいバラとの
出会いもうれしいですが
ブラン・ピエールは、ぽんさんらしいなぁ!
2013.02.14 12:59 | URL | #wFVQJLkU [edit]
ミュー says...""
ぽんさん、凄い!

イタリカはランですよね。地植えにしても大丈夫なんですね。
フロミスは以前のお庭に大株のがありましたがまた違う種類でしょうか?
うちのは普通のエルサレムセージでだいぶ大きくなりましたが、あまりお花が咲きません。どうしてなんでしょうね。

バラがメインの花壇なんですね。
春が待ち遠しいですね。
2013.02.14 20:06 | URL | #- [edit]
とよこ says...""
おはようございます~

凄い力の入った、ガーデンに~
グリーンサムさん同様、やっぱり土をちゃんとしておかないと・・(恥)
咲いてくれ、ってのが ムシがよすぎる。よく分かりました。(笑)
2013.02.15 09:09 | URL | #ijBVKX/Q [edit]
ぽん says...""
e-53クロはちさんへ

去年のお休みに 色々とやってました
年末なのに 掃除もしないでね(笑)

ゲート、
製作担当者は 今はアーチを作るのに忙しくって 一時中断です ^^;
私は 兎に角、庭と通りとの出入り口を 先にキッチリつけて欲しいのですが…

ブランは皆さんに好まれるから 綺麗に咲くのを楽しみにしています
他にも アッシュウェンズデーとか 私が楽しむためのも入れてるけどね
2013.02.15 17:05 | URL | #ixGiNrI. [edit]
ぽん says...""
e-53グリーンサムさんへ

ここまでって… いえ、丈夫なバラは どんなところでも育つものなんですけどね
まあね、一昨年、早く植えたい一心から 適当に掘って植え付けたら
けっこう 病気が出て それこそ☆になっちゃったんですよ
中には もう手に入らないコレクションも有りで(資金面からも^^;)
やっぱり 土作りの重要性を身にしみて感じたんです

長期構想で… 耳が痛いです 失敗しましたから(笑)
年齢的にも 今が限界でしょ もう掘り返す荒業はねぇー

それと裏腹に 早く植えなければという思いが フツフツ…
完成した庭を 悦に入ってお茶しながら見る 
これも 年をとると何年何回 味わえるか 焦りが出てきます
2013.02.15 19:54 | URL | #ixGiNrI. [edit]
ぽん says...""
e-53smoketreeさんへ

DIY担当者は たっぷり時間があるので 着々と進んでますよ
基礎ですよね スモさんの山庭 土砂崩れになったりで大変だったでしょう
やっぱり 見た目もありますが それより丈夫なのが一番かな~

山庭は 湿気が多いのでしょうか 
マムシグサやウバユリが生えてるんですものね
朝夕の寒暖の差も多いでしょうから 霧などが湧いて 余計に痛むのが激しいでしょ
我が家も川横に建ってるし 竹やぶはあるしで 日陰の部分が多い庭
白いペンキも1年経てば なんだか緑っぽくなってきます 苔が薄っすら生えるんですね
だから、こちらも痛みが激しいです お互い悩みどころですね

バラも湿気が多いと寿命が短いと聞きますけど…
うちにも20年選手が居ますが もうそろそろ限界かな、
新しい庭で 本当に一花咲かせてあげたいところです

ブラン・ピエールさん 私らしいですか (*^_^*)
ま、普通のピエールじゃないのが そうかもね
その他にもバラを植えてました アッシュ・ウェンズデーとか 私らしいでしょ(笑)
でも、これはさすがに 一般受けしないよなぁ~
2013.02.15 20:15 | URL | #ixGiNrI. [edit]
けい says...""
ぽんさん こんばんは~^^

本当に本当にご苦労様~
でも、こうして大変な思いをしてこしらえた花壇
作り手が 上手だから お花も答えてくれますよね~
きっと 見事なお花が咲いてくれますよ(*^_^*)

私がするのは何でもいい加減だなぁ~って
ぽんさんがされているのを見て よく思います。

植えるお花 う~ん ギンバイカしか分からない(>_<)
後で調べて見よ~笑
クレマチスも フロリダ系ってどんなのを言うのか~?
これも 調べてみよう~(-_-;)

ぽんさん 私 アッシュ・ ウエンズディー植えていますー
スイマセン 前の方へのお返事が見えちゃいました(^_^)/

ぽんさんの春のお庭がとても楽しみです♪

2013.02.15 21:00 | URL | #- [edit]
ぽん says...""
e-53ミューさんへ

イタリカ 蘭じゃなくて フロミス・イタリカなんです
すみません わたしの書き方が まずかったです (^^ゞ
蘭にもイタリカってあるのですね 知らなかった~~   勉強しました 
蘭のイタリカ ぐぐってみると 面白いのに 出会いました これ↓ 笑っちゃうな
http://twitpic.com/7eptjw

うちのイタリカ フロミス・イタリカですけど
学名のとおり イタリア、地中海の産なので 少し寒さに弱いのです ギンバイカと同じです
余談ですが 蘭のイタリカもイタリア産なのでしょうね

以前、フロミスは好きで沢山集めてました うちのエルサレムセージ覚えていてくださったのね
エルサレムセージは もう10年以上も育てていて随分と老木です 毎年良く咲いてます
乾燥と日当たりが良いと良く咲きます 肥料も要りません 植えていたのは引越し前は西側のガンガン照りの所でした

ちょっと気になることがあります ミューさんのエルサレムセージ 木になるエルサレムセージでしょうか
以前、某通販サイトでラージ・エルサレムセージをエルサレムセージで売っていました(今は訂正されてるけど)
ラージ・エルサレムセージは うちでも何年も育ててますが1,2輪しか咲いた記憶が無いです
ラージ・エルサレムセージ 花はエルサレムセージと同じで色が若干レモン色 葉の色合いも良く似てます
違うのは木にならず草です 大きいですけどね 湿気と半日陰を好むそうです 

バラ、沢山あるので 兎に角植える場所を作ってます(^^ゞ
はやく 定植させて 綺麗に咲かせてあげたいです
2013.02.15 23:34 | URL | #ixGiNrI. [edit]
ぽん says...""
e-53とよこさんへ

こんばんは~~

力、入りすぎでしょうか(笑)
ちょっとばかり気合入れて作らないと 
もう数年もすると 力を入れて作れる年じゃなくなりますからねぇ(^^ゞ

土作り 一昨年はいい加減でしたから たくさん病気が出て枯れた植物が有りました
しっぺ返しでしょうか 焦って植えると ろくな事がなかったです
基本は土作りでしょうね 良い土だとスタートが遅くても加速がすごいですから…
焦って植えなくても いいんだと頭では思うんですが…
庭で花を早くみたいって 思う気持ちも湧いてくるんですね~ 当然か…
2013.02.15 23:45 | URL | #ixGiNrI. [edit]
ミュー says...""
前のお庭のエルサレムセージの場所を覚えています。
うちのも草ではない方です。
乾燥を好むとお聞きしたので、庭で一番乾燥する場所に植えています。
やっぱり日当たりでしょうか?
日当たりのいい場所が少ないので、場所の取り合いです^^
2013.02.16 21:16 | URL | #- [edit]
ぽん says..."Re: タイトルなし"
e-53けいさんへ

こんばんは~~

お花、素敵に咲いてくれるかしら… 
けいさんが 言ってくださったので 
なんだか バラたちも綺麗に咲いてくれるように思えてきました
頑張ったのだものね、今年の春が楽しみです

クレマチスのフロリダ系 少し寒さに弱いのが多いんです
白万重やテッセンが代表選手 八重の品種も多いです 
↓参考に
http://www.wisecart.ne.jp/clematis/9.2/clematis_3406/

わ~ けいさんはアッシュを植えてらっしゃるのね
おソロですね (^v^) いい色ですよね 一季咲きでも許せますね
この狭いスペースに ブラン・ピエールとアッシュとフィリスバイド、チャールズ・ダーウィンも…
植え過ぎかしら 欲張りです(笑)
2013.02.17 01:33 | URL | #ixGiNrI. [edit]
ぽん says..."Re: タイトルなし"
e-53ミューさんへ

再び、ありがとう
前の植えていた場所まで 覚えていてくださったのですね

そうですね~ 日当たりなのでは…
今度の庭でも やっぱり開けた西側に植えるつもりです
鉢で2年置いて様子を見ましたが そこでは良く咲いてくれました
我が家のは 老木なので 一時のことを思うと勢いが落ちています
今年は 挿し木でバックアップを撮ろうかと思ってます
2013.02.17 02:14 | URL | #ixGiNrI. [edit]
703 says...""
地面を50cm掘ると、言うは簡単だけど、とうていできないことと、
同じカチカチに固まった土を相手にしている私は、諦めきっていましたが・・・・
やはりこうしなければ綺麗に咲いてはくれないのですね。
小屋を囲むバラの花壇だとか。
ご苦労に応えて、美しく咲き誇ってくれますよ、きっと!
植えこまれた植物も、ギンバイカ以外は分かりません。
どんなになっていくのか、楽しみにブログ拝見します!
2013.02.20 15:56 | URL | #- [edit]
ぽん says..."Re: タイトルなし"
e-53703さんへ

ありがとうございます そうですよね
バラ 頑張りに答えて ここまで掘り返したから綺麗に咲いてくれますよね

703さんちも ガチガチの土なのですか 同じなのですね 大変ですよね 
我が家の庭は 直に植えれる状態じゃ到底無いのです スコップが入らない
庭にしようとしてる所は 砕石が20cmほどの深さに敷地全体に敷いてあるのです その下は粘土が30cmほど…
前の住人は駐車スペースにでもしていたのか… 木一本も草一つも植えてない場所でした
だから、どうしても何かを植えるならば、砕石を取り除かなくちゃダメなんですね~~ 
掘らなきゃ 仕方ないんですよ^_^; 

小屋って書きましたが 実は家から張り出たカーポートだった場所をぐるりと木材で囲って小屋風に…
そのスペースを作業する場所にしようと思ってます その花壇なんですよ 
どんな風になるか どういう場所か…これは言葉では分からないので またの報告を待っていてください

そちらは こちらよりは暖かいのでしょうね 
早く 春になるのが待ち遠しいです
2013.02.22 00:28 | URL | #ixGiNrI. [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。