Garden Schop

庭はキャンパス

イザヨイバラ ・・・ 十六夜薔薇

14


イザヨイバラ


十六夜薔薇(イザヨイバラ)とは なんてロマンチックな名前でしょうね
花の一方が欠けた様子を 満月を過ぎた十六夜の月に例えて名が付けられました

紅色の万重の花弁、縁は淡く中心へと滲むように濃くなっています
私、こんなグラデーションのあるバラが好き・・
花にも名にも魅かれて 買い求めたバラの一つです 



イザヨイバラ



    これ、蕾なんですよ
    可愛いでしょ
    ハリセンボンみたいよね

    棘に覆われた
    花托に包まれています




イザヨイバラ




 全体の様子
 3年ほど経ちますが、
 図鑑の数値ほど 大きくなっていません
 高さは1mほどです
 写真の様に 横張りの樹形です

 返り咲き性はあります 
 7月でも 5輪ほど花が付いてました
 秋には咲きませんが
 2番、3番花までは咲きますね

 2007.06.22.Fri 記





イザヨイバラ

 φ(..) Rosa roxburghii roxburghii (別名)Rosa roxburghii plena 
(和名)十六夜薔薇(イザヨイバラ) 棘梨(トゲナシ) (英名)BurrRose  ChestnutRose
(系統)Sp 原種 中国西部から中部原産 H180cm×W150cm 木立性 
弱剪定 花径8cm 返り咲き 耐寒性:Zone7






イザヨイバラ


イザヨイバラ 
最近は冬の姿も美しいと気づきました


落葉した今の姿です
バラとは思えないよね
白い幹が 独特の雰囲気を醸しだします
冬の庭に有って 良いオブジェになりそう

この冬姿を活かすように
素敵な組み合わせを考えたいと思います
バラの咲く頃も 真冬の頃もね
課題がひとつ出来ました



イザヨイバラ






  もう、可愛らしい赤い芽が プックリと・・
  楽しみだわ

  2010.01.31.Sun 撮影

14 Comments

みー says...""
イザヨイバラ、名前の素敵なバラよね~。
お花も、クシュクシュで、紙細工みたいでユニーク・・・。
蕾も、バラに見えないね。

それにそれに!
この冬の枝のきれいなこと!
こんな白い枝のバラってある?
何から何までめずらしいバラだねぇ。
この白い枝を活かした組み合わせ?
それは、楽しみ~♪
2010.01.31 14:28 | URL | #93tm7Y9E [edit]
020 says...""
イザヨイバラ、
名前もいいですし、ハリセンボン蕾や、
いかにも原種っぽい野趣のある葉と、通な見所盛りだくさんですね♪

それにつけても冬の白幹!
白幹のルブスを長年探していましたが、いまだに見つけられないし、
人に聞いても「棘が痛い」とか「根張りがすご過ぎ」などと
あまりいい話を聞かないので、半ばあきらめモードでした。

というわけで、私もウィンターガーデンのメダマ素材に
イザヨイバラ、ぜひ取り入れてみたいです!

イザヨイバラの冬幹の魅力なんて、なかなか得られない情報ですよね♪
ぽんさんのブログ、本当にお勉強になります ^^
2010.01.31 19:23 | URL | #RJRSaA9Q [edit]
ぽん says...""
e-53みーちゃんへ

原種バラって 私、案外と好きなのよ
このイザヨイバラも いいでしょ
お花、クシュクシュでバラらしくないかも

花もですが 枝も今の時期に見ると バラとは思わないよね
イメージにあるバラの木とは ちょっと異質
しなりは無くって 硬い樹木のみたいです

そうそう、原種系のバラで思い出した
みーちゃんも持っていた トキンイバラは元気?
うちのは あまりに蔓延るので お嫁に出しました (^^ゞ  
2010.02.02 00:02 | URL | #ixGiNrI. [edit]
ぽん says...""
e-53020さんへ

この記事 020さんが反応してくれるんじゃないかと期待してUPしました
白幹のルブスのこと 昔に聞いて ずーっと印象に残ってたのです
あれから 残念な事に見つからなかったのですか
ちょっと 報告が聞けるかなって 期待してたのですけど・・・

それからのち 何年か前にドンジャラで白幹のルブスが話題になってましたね
http://mozmoz.web.infoseek.co.jp/lapis200702a.htm
あ、020さんが言われてたルブスかな、と・・思ってみたり・・でした
(銀葉で白幹のもあるんですね 凄い!です)


イザヨイバラはルブスのように 蝋を吹いたような感じじゃなく
乾燥した枯れ枝のような質感で 若枝は緑が残り 古くなると白っぽいです
樹形はしなりが無く ブッシュで硬い枝振り
わたしは 魚の骨をイメージするのですが(笑)

イザヨイバラの元 サンショウバラもたぶん同じ感じと思います
シンプルに一重の花が良ければ そちらをお勧めしますけど 大きくなるかもね
組み合わせる相手と場所の雰囲気で決まるかしら 

私は冬の枝が綺麗と言えば 安直ですけどサンゴミズキを思い浮かべます
上のドンジャラのリンクでも そうでしたね
十六夜にあわせるのは どうでしょう
手持ちの木でシラタマミズキがあるのだけど う~ん あんまりシックリは きませんよねぇ
何よりシラタマミズキは日焼けするし 十六夜とは無理ぽい
黒宝サンゴミズキ (ドンジャラの記事にもありました)は 持ってないけど 
これなんか 色的に良さそうな気がしますけど どうかしら?
でも やっぱり ミズキ類は焼けるかなぁ
他に 何かいいアイデアありますか
2010.02.02 01:23 | URL | #ixGiNrI. [edit]
スモークツリー says...""
おはようございます!
今朝は、こちらは雪景色ですよ。
イザヨイバラ~この名前に私は、反応するんですよ。
ぽんさんといっしょで、私も大好きな大切なバラの1つです。
私は、もともと鉢で育てています。
それを、挿し木したものを山庭にも植えています(小さいですよ)
その魅力は、もうぽんさんが書かれているので付け足すことはありませんが、
花の欠けかたや、冬の樹皮の感じは同じようにすばらしいです。

このバラは、鉢でもすごく育てやすいです。
大きくならずにたくさんの花をみれます。
私は、ぽんさんの地植えの株が気になりますよ。
花が咲いたらぜひ、見せてください。
サンゴミズキとあわせる~考えても見なかったけど~
実は、さいきん植えたものがあるんですよ。
冬に赤い枝がいいなぁと~ぽんさんの発想楽しみです!
2010.02.02 09:02 | URL | #wFVQJLkU [edit]
mikan says...""
>花の一方が欠けた様子を 満月を過ぎた十六夜の月に例え。。。
その想像力がステキ
日本の色の名前と同じ発想みたいですよね

で、それを発想させる
魅力的な花姿~
色も好みぃ・・・
白枝も幻想的
2010.02.02 12:59 | URL | #- [edit]
ぽん says...""
e-53スモークツリーさんへ

昨日夕方からの氷雨 雪に変わりましたね 
わぁ、そちらでは 積もったのですか
こちらでは 鉢に薄っすらとの程度
表通りのアスファルトには 積もらなかったです

イザヨイバラ、
あ、カタカナで書くより 十六夜薔薇って書く方がいいかな
スモークツリーさんちにもあるんですね 好いですよね
私は初めは 名前に魅かれて買っちゃったんですよ
育ててみて 後になるほど 魅力を発見できました 
良い薔薇だなって思ってます

>このバラは、鉢でもすごく育てやすいです。
>大きくならずにたくさんの花をみれます。

スモークツリーさんは 鉢植えなんですね
そうですか 鉢植えでも良く咲くんだ
図鑑では2mになるって書いたのも見たのに うちには1mぐらい
あまり大きくなってないので どうしたのかなと思ってました
他のバラもあるので あまり大きくならない方が良いのが本音です

サンゴミズキと合わせる案 まだ思案中ですが
でも 面白いでしょ (^_-)-☆
バラも何か冬の鑑賞の楽しみも作らなきゃね
2010.02.03 02:04 | URL | #ixGiNrI. [edit]
ぽん says...""
e-53mikanさんへ

十六夜薔薇、こんな風に字面を見るだけでロマンチックになります
名前で得してるよねぇ~~
オオイヌノフグリとかママコノシリヌグイとかは 絶対に存してる
お花は可愛いのにね

ちなみに 十六夜ってジュウロクヤって呼ばずに
なんでイザヨイって読むのだろう?とふと思い検索で調べてみました
イザヨイってためらうという意味が有るそうですね
十六夜の月は十五夜よりも遅く、ためらう(いざよう)ように出てくるので
十六夜を イザヨイ というようになったそうです
なかなか顔を見せてくれぬ姫君を 十六夜の月に例えた和歌もあるそうで・・(*^ ^*)

なんだか 十六夜薔薇 ますます意味深な薔薇に思えてきました
mikanさんが言われるように 昔の人の想像力って凄いですね
今の人って、自然に関わるのが希薄になった分、感性がなくなっちゃったかもしれません
2010.02.03 02:37 | URL | #ixGiNrI. [edit]
ritsu says...""
十六夜薔薇・・・ネーミングがとても日本人的で詩的で素敵(*^ ^*)

白い幹が本当に綺麗(サンゴミズキの赤も良いけれど)。
一昨日京成バラ園に行って、白くないバラの幹をたくさん見てきたせいか、
シャレコウベさえ連想させてしまいかねないこの武骨な白さが、なんだか神秘的で
冬の寒々しさ物悲しさを増長させていて、独特な雰囲気だなぁと見入ってしまいました。
こういうの日本人の感覚かなぁ・・・。
2010.02.03 08:23 | URL | #6.Qxok4E [edit]
020 says...""
>それからのち 何年か前にドンジャラで白幹のルブスが話題になってましたね
http://mozmoz.web.infoseek.co.jp/lapis200702a.htm
あ、020さんが言われてたルブスかな、と・・思ってみたり・・でした
(銀葉で白幹のもあるんですね 凄い!です)

先日、山本 規詔さんとお話できる機会がありまして、
白幹のルブスについていろいろ教えていただきました ^^
その結果、苦節7年くらいでしょうか ^^;
やっとこさ黄金葉で白幹の品種を手に入れられそうです
(ただいま在庫確認中)。
ルブス チベタヌス の銀葉品種もすっごい素敵ですね!


>イザヨイバラはルブスのように 蝋を吹いたような感じじゃなく
乾燥した枯れ枝のような質感で 若枝は緑が残り 古くなると白っぽいです
樹形はしなりが無く ブッシュで硬い枝振り
わたしは 魚の骨をイメージするのですが(笑)

確かに骨々した感じですね ^^;
これはこれで独特の味わいがあって私的にも好みです。

>手持ちの木でシラタマミズキがあるのだけど う~ん あんまりシックリは きませんよねぇ
黒宝サンゴミズキ (ドンジャラの記事にもありました)は 持ってないけど 
これなんか 色的に良さそうな気がしますけど どうかしら?
でも やっぱり ミズキ類は焼けるかなぁ

黒枝のサンゴミズキ(コルヌス ケッセルリンギイ)も
一昨年くらいから探しに探しまくって最近やっと手に入れたところです。
これは十六夜白骨に合いそうですね ^^;
ぽんさんの植栽だと十六夜ちゃんはホスタやディセントラ ゴールドハート
とかが植わっている半日陰のエリアにあるのかな、
そのくらいの日照の場所なら、ミズキ類も焼けずにイケそうですね♪
ミズキなら赤枝よりも黒枝の方が合うような気がしますね。 ^^

あとは枯れたグラスや、銅葉ブナの冬枯葉、
ベルゲニアやオレガノ ヘレンハウゼンの冬葉、
柏葉アジサイの紅葉、雲竜枝の銅葉ハシバミ、
アーティチョークやオオヒレアザミ、アカンサスなど棘棘しい大型冬ロゼット、
等々、思いつきですがこれらのモノと合わせてみたら面白そうかな♪


あと、冬の赤枝素材でアカエダヤナギも導入してお試し中です♪
こちらの方が、サンゴミズキよりも夏の葉も涼しげで
日照にも耐えそうじゃないですか?
ちなみに黄枝の雲竜ヤナギも探し中です(欲張り) ^^;
2010.02.04 02:37 | URL | #RJRSaA9Q [edit]
ぽん says...""
v-254ritsuさんへ

十六夜薔薇、
気に止めたのは まずこの名前からで 買い求めたのでしたが
後々になって 味のある良いバラと思うようになりました
良いネーミングですよね

>シャレコウベさえ連想させてしまいかねないこの武骨な白さが、なんだか神秘的で
>冬の寒々しさ物悲しさを増長させていて、独特な雰囲気だなぁと見入ってしまいました。
>こういうの日本人の感覚かなぁ・・・

仰るように 独特の雰囲気ですね
十六夜の月を連想させる春の花の姿とは 
まるで正反対の何も無い白い冬の枝 死さえ感じさせてくれますね
この枝から また花が咲くなんて思えない程です
何も無い冬が新月と例えれば 十六夜の花の盛りが春
月が満ち欠けするように また復活し営みが繰り返されるのかな、なんて
なんとでも想像を広げさせてくれる 素敵な名前の薔薇です

>一昨日京成バラ園に行って、白くないバラの幹をたくさん見てきた
わぁ、京成へ バラを見に行かれたんですね
何か買って来られたのかな~ わはっ、現実的(笑)
2010.02.04 23:49 | URL | #ixGiNrI. [edit]
ぽん says...""
v-254020さんへ

まぁ、山本さんと会われたの
わたし 山本さんの隠れファンなんですよ~~
ずいぶん昔ですが タキイの会員雑誌に連載されていた記事を読み衝撃を受けました
あれが 今でも庭造りの基礎になってるかも・・・
山本さんとは 一度だけ仕事がらみで お会いしたことが有ります 
その折 記事を纏めて本として出版されないのかと尋ねましたが 予定は無いとの事(-_-;)
だから今でも 記事をスクラップして手元に持ってるんですよ

>やっとこさ黄金葉で白幹の品種を手に入れられそうです
>(ただいま在庫確認中)。
きゃ~~
乙庭で 拝見できるのね
んで、黄金葉なの! 聞いたことも無いです 
暖かくなるのが楽しみですね 
余談ですけど、銅葉のヒマの種 
出所は山本さんなのよ 名古屋から来たの~

やっぱりミズキなら黒がいいよね
コルヌス ケッセルリンギイ ちょっとお出かけして風〇舎まで探しに行きました
有ったのですが なんだか黒っぽくなくって赤かった ほんとにケッセルリンギイ?
買わずに帰ってきちゃった 残念(-_-;)

うちの十六夜、植えてる所は日当たり良い所なんです
ゴールドハートに見える黄色い葉は黄金アジサイで 夏場はここで焼けるんですよ(-_-;)
だから ミズキ類は無理っぽい
あと銅葉ブナも 残念だけのこちらじゃ育ちにくいのよ
ヘレンハウゼンね 面白いな 手持ちであるし ( ..)φ

>柏葉アジサイの紅葉、雲竜枝の銅葉ハシバミ、
>アーティチョークやオオヒレアザミ、アカンサスなど棘棘しい大型冬ロゼット
ふむふむ ( ..)φメモメモ

>あと、冬の赤枝素材でアカエダヤナギも導入してお試し中です♪
お、それも冬素材として有りだわ~
こっちの方が 水をしっかりやれば焼けないですね
あ、そうだ
今日UPしようと思ってる銅葉のヒイラギ ブループリンスもイイかしらとふと思いました

>ちなみに黄枝の雲竜ヤナギも探し中です(欲張り) ^^;
でっかい親木があるので 仕事場に在庫あったような・・売れちゃったかしら
2010.02.05 00:34 | URL | #ixGiNrI. [edit]
にこ says...""
上のぽんさんや020さんのやりとりを見ると勉強になります。
020さんとかよくご存知なのですね@@
サンゴミズキらしきものが大学の構内にもずらっと並んでて周りが寒々とした風景のためよく目立ってるんです。
ぽんさんがコメントされるまで気にしたこともなかったです。
今度写真をとっておこう。。
冬のことも考えて庭をつくるのは大事ですね。
うちは冬が長いのでその大切さを最近感じます~。
2010.02.05 03:34 | URL | #mQop/nM. [edit]
ぽん says...""
v-254にこさんへ

020さんって 本当に何でも良く知ってらっしゃるのよ~
知識だけじゃなく 020さんの乙庭は個性的で素晴らしく
センスもよくってね お若いのに凄いです

冬の期間は こちらでも1年の4分の1ですもの
その間も 出来れば何か楽しみか無くてはね 
室内で植物を楽しむのも良いけど 
出来れば冬枯れの姿 枝とか幹肌とか グラスの枯れ姿 残しておいた花殻など
オブジェみたいで 面白いと思いますよ~~♪
にこさんち辺りじゃ とって~も冬が長いのでしょ
雪は少なそうに言われてたので 冬の庭でも何かしら出来そうですよ

>サンゴミズキらしきものが大学の構内にもずらっと並んでて周りが寒々とした風景のためよく目立ってるんです。
前にUPされていた大学ですね
写真を撮って来られたら また見せてくださいねっ(^_-)-☆
2010.02.06 00:12 | URL | #ixGiNrI. [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。