Garden Schop

庭はキャンパス!植物という絵筆で描こう

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本の心の色

2

日本の心と色.



     日本の心と色 100 弓岡勝美 著 (日本ヴォーグ社発行)


     ↑ 楽天ブックスの書籍閲覧へリンクしています
        中身を少しだけ立ち読みできます


最近、ふらりとネットで見て なんて綺麗なんだろうって 思わず買ってしまった本です
きっかけは母に頼まれて 吊るし雛のテキスト本が欲しいので探して、と頼まれ検索中に発見…
もう頼まれごとはそっちのけで 自分のためにポチしてしまいました (^^ゞ

まずは掲載されている「乙女箱」なるものに心は Heart♡~~ (上の立ち読みで見ることが出来ます)
立ち読みで見ることは出来ませんけど 季節ごとの絵柄の押絵の羽子板 五節句の飾り熨斗
他にも 題の日本の色を紹介しているページも素敵でした
白と黒の無彩色だけでも、灰汁色 利休鼠 憲法色 黒羽二重 漆黒 墨色など いいですね~
四季の有る日本だからでしょうか 日本人て色に関しては独特の感性がありますよね

作者の弓岡勝美さんは着物のコーディネーターでアンティークショップの壱の蔵を経営されている方だそう
作者の方を初めて知りました 私は着物はまったくと言っていいほど無知なのでね あ、手芸もですが(^^ゞ 
もちろんこれは手芸本ですが 高度なちりめん細工や押絵は私には無理なのでアート本として鑑賞しています
乙女箱の型紙や作り方も載ってるのですが…猫ちゃんの巾着袋なら何とか出来ないかなぁーと高望みしています 

 

-2 Comments

haniwa says...""
ひと月遅れのコメントで いやはや。
つるし雛の本もいろいろですね
心の色・・というので 色の話かとおもいましたが
手芸? なのですね。
縮緬の手芸の本はたまにしか見ないのですが
いろいろで購入に至りませんでしたが これいいわ♪
情報ありがとうございます~
2014.03.06 22:05 | URL | #wTaxoOyk [edit]
ぽん says...""
e-53haniwaさんへ
ありがとうございます
ひと月近く放置してるのに こちらこそ申し訳ない
私もここんところ忙しくて メインのブログで手一杯です
多分こうなるだろうと思ってたのですが… ヒマな時につい
すみません
これは手芸本です ちゃんと作り方も図も書いてあるんですけど
当たり前か(笑) 私は全然出来ない人なので 鑑賞本と化していまーす
こういうの、縮緬細工とか 着物とか 和の小物とか 興味なかったのですが
母のお陰で レトロな感じの物も素敵だなと再認識しました
2014.03.07 23:36 | URL | #ixGiNrI. [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。